ツバメのカップル

「Kさん、週末はいいことあったのですね。山に登れたのですか」
 Bar B1(バー ビーワン)のカウンターに座ると、無口なマスターが珍し

く先に話かけた。


「ツバメが帰ってきたからね」
 両肘をカウンターに置いて、前かがみになって答えた。いつものマッカラン

のボトルを手に取りながら、マスターが振り向いて聞いた。
「ツバメって?」

 

「山に登る前に、夜が明けるまでの仮眠に利用する無人駅があってね。その

構内の大きな時計の上に2羽が向かい合って眠っているのを見つけたのさ。

昨年と違うツバメかもしれないけど、2羽が向かい合う姿がとてもいいよ。寝袋か

ら顔を出して長い旅をしてきた2羽を眺めながら眠りにつくのは最高だった。今の

季節にぴったりだと思うよ」 


「なんだか、小さな幸せを見つけたようですね」
 と、言ってマッカランのボトルをカウンターに置きかけたマスターに注文した。


「マスター、悪いけど。ベイリーズを同量のミルクで割ってくれませんか」
「また、十二指腸ですか・・・。暫くお酒をやめた方がいいと思いますよ」
 ボトルをモルトの棚に戻して、リキュールの棚からベイリーズを取り出してから、

少なめのベイリーズに多めのミルクを足して、ロックグラスを自分の前に置いた。


「とりあえず、長い旅を終えたツバメのカップルと中間管理職の職業病である十

二指腸炎に乾杯だ」

 

 口の中に広がる甘いベイリーズがツバメのカップルによく似合う味だと思った・・・

 

 

 追伸 ヘッダーの摘みたての四葉は、ただいま31枚です。

 

 

有限会社

大分プラスチック工業所

 

〒879-7125

大分県豊後大野市三重町

内田4022番地2

 

Phone

0974-27-4005

 

Fax

0974-22-6645

  

Skype

skypeoitaplasticltd

 

E-mail

oitaplastic.ltd@gmail.com